サイト作ろう1


・・・独自ドメイン、レンタルサーバーを同時に用意、

前回までの記事で

実質収入減を補う方法のひとつ、広告を貼ってサイト・ブログを公開するための

入れ物、器、そのような準備ができたとおもうのだがぁ・・・

コップという(うつわ)があって、

リンゴジュースが入っていなかったら

ガッカリだぁ・・・

リンゴジュースを入れないと

うまみがない!!

リンゴジュースのたとえ・・・

それは、ファイル。

レンタルサーバーに内容を書いて広告を貼ったファイルを

アップロード!!

これで、

誰かが、あなたがアップロードしたサイトを閲覧し、

広告をクリック!

もしかしたら、そのまますぐ資料請求手続きや商品購入に!!??

レンタルサーバー代、ドメイン更新に注意して

サイトを公開したままにしておくと、

あなたが作ったサイト・ブログが収益を生む

可能性が発生している😁

書き方

無料ブログは、

ワードでの文書作成のように

文章を書き、写真・画像など添付して

公開ボタンを押すと公開だが、

レンタルサーバーでサイトを公開するには、

2種類のファイルを書く、

HTMLファイル、CSSファイル。

内容をHTMLファイルに書き、

CSSファイルで、行間の空き具合、文字色(フォントカラー)、文字サイズ、文字の太さ、文字の種類(斜体とか、ゴシックとか、)

写真・画像の大きさ、配置する位置決め・・・などをする、

これだけ。

もっとも、スライドショーを入れたいなど、

さらに盛り沢山にしたい場合、

JQuery(ジェイクエリ)、Javascriptなどの書き方は、

別途、本やサイトなどで、スクールなどで、ネットで・・・

この記事も、おもえば、ネットによる簡単なサイト・ブログ公開するためのネット情報なのだがぁ、

いろいろと、

夢は広がる、どこまでもー!!??

HTML

個人的記憶では、2015年1月ごろ、

HTML5を標準とする、

W3Cという機関が宣言したとおもうのだが、

最近は、そうでもなさそう( かもしれない )。

しかし、HTML5は、引き続き使えると(個人的には)考えている。

HTMLの書き方

HTML5は、

1行目: ドックタイプ宣言
2行目: HTMLタグ

3行目:

head開始タグ

4行目: 

文字エンコーディング(SHIFT JISとか、UTF-8とか)指定や、
ディスクリプション( 何が書かれたファイルかの要約、検索エンジンが拾う・・・)
タイトル(パソコンのブラウザなら、画面上のほうにタブがあるとおもいますが、そこに入る文字)、
HTML5を飾るCSSファイル名、スマホ対応方法でレスポンシブデザインにするならビューポート(レスポンシブ、それは、パソコンのブラウザをデスクトップ上たとえば左半分にすべく、角や辺をマウスです~とやってみると、写真・画像などが小さくなったブラウザ内で小さく収まって表示される、そのようなぎじゅつ?)
そのような要素を書く。
4行目の要素、要素、要素、・・・の次の行: head終了タグ
その次の行: body開始タグ(表示される内容は、ここから・・・)
そのまた次の行: 書きたい内容を書く。*
そのまたまた次の行: body終了タグ
html終了タグ 2行目のhtml開始タグに対応するタグ

このような構造になっているのだぁ~

タグ

ワードプレス、ブログ、SNSなどで、

ときに、#何某 と・・・

こういうのをタグと呼ぶんだとおもうのだが、

ここでのタグは、そうじゃなくって、

数学の小なり記号 head 数学の大なり記号 、

(本来、半角英数でかくのだが、テキスト編集モードでこの記事書いている都合で、かな で書きますが、)

<head>

こういうのをタグという、

ので(あ~る)

タグ 、 種類

<!doctype html>、<img src=”#” alt=”#”> 、このように単体で書くタグ、

<head> </head>、<body> </body>、このように開始タグと終了タグで内容を挟み込むように書くタグ、

(個人的学習なのだがぁ)この2つしかない。

見出し 段落

<body> と、</body>の間に、

<h1> 見出し・・・の文字 </h1>

<p>今日は、HTML5の書き方を記事にしています。</p>

<h2>見出し・・・の文字</h2>

<p>HTML5の書き方は・・・(すでに、表に書きましたあ~)</p>

こうして、見出しは大まか度?、優先度?、に応じて、h1~h6まで。

h1が一番の見出し。

ヘッダーとフッター

body タグで挟む形で書く内容は、

一番上にheader ( headじゃない、header)、しばしば、ここにスライドショーなど入っているサイトをみかける、

このワードプレスで遊んでいますの場合、

まるで宇宙空間を飛ぶ?鳥の画像、

そのようなものを入れてもよく、だいたい入ってるサイトがおおい。

見出し1~6まで、作文、写真・画像盛りこんだあと、

コピーライトや、連絡先メルアドなど最後にfooterをいれてもよく、だいたい入っているサイトがおおい。

HTML5ファイルは、

大まかに、というか、構造的にこのようなもの

でしかない・・・

しかし、

高度なものになると、

別のプログラミング言語でタグを出力したり、

head タグ に、ファビコン(ブラウザタブに出る小さな絵?)をいれたり・・・

凝ったサイトは、すごいようです、

が、

ただ表示するだけで見栄えはかまわん🐕、読めればいい

というばあい、

<html>

よめりゃあ、いいんですよ、読めれば🐨

</html>

(個人的、)これで、最低限なんとかならないとは言い切れない!! ただし、改行がなかったり、文字化けする場合がっ!!

プログラミングというよりも、コーディングという呼び方がしっくりくる!?、

ループしたり、場合分けしたりのむつかしいことを考えなくてもできる、

案外、サイト作りは、簡単なものだ~

という感想が予想されるので(あ~る)

次回、CSSファイルの書き方(大まかな)

を公開する予定・・・

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。